藝術家 / 浦口雅行

浦口雅行Masayuki Uraguchi

1964          東京都出身

1987          東京芸術大学陶芸科卒業

1989          東京芸術大学大学院修了

1993          朝日陶芸展新人陶芸賞受賞

1995          日本陶芸展入選

1996          中国浙江省南宋官窯、龍泉窯など調査研究

1997          日本伝統工芸展入選

1998          国際交流基金が買い上げ「Japanese Pottery-The Rising Generation from Traditional Japanese Kilms」

          アルゼンチン、コロンビア、ボリビア、コスタリカ、ペルー、ブラジル等各地で巡回展示  

2002          茨城県芸術祭美術展覧会特賞受賞

2006          NHK BS2 器夢工房「宇宙の蒼に挑む」に出演

2009          茨城工芸会80周年 記念賞受賞

2011           茨城新聞創刊120年記念に「青磁 浦口雅行展2011 黎明」を開催

2013           財団法人常陽藝文センター「蒼の軌跡 浦口雅行展」開催

2014           東京国立近代美術館工芸館にて「青磁のいま 南宋から現代まで」展に出品

2015           ART FAIR TOKYO 2015 に出品

2018          ドイツエトリンゲン城美術館「独日協会カールスルーエ・茨城工芸会ドイツ陶芸展」に出品

                      栃木県益子陶芸美術館にて「青の時代 現代日本の青磁」展に出品

                      ART FAIR TOKYO2018 に出品    

2019          Joan B Mirviss LTD 2019 Collectors Tour ニューヨーク→茨城に出展

2019          英国陶磁器ビエンナーレに出品

2020          静岡の陶芸美術館で開催された「凛として!SEIJI  HAKUJI」に出品

2020          茨城県石岡新庁舎に青磁陶壁 常世の国の太陽」を制作


 

【個展】

 

三越(日本橋本店、札幌、新潟、福岡、広島)、高島屋(大阪、京都、岐阜、岡山、米子)、東武宇都宮、

天満屋(高松、広島、倉敷、福山)、大和(富山、長岡、高岡)、大丸(下関、今治)、水戸京成百貨店、

名古屋丸栄、松坂屋(名古屋、山形)、宇都宮上野百貨店、長野東急、大分トキワ、熊本鶴屋、松江一畑百貨店、さいか屋(藤沢、横須賀)、大沼(山形、米沢)、川越丸広、新宿京王百貨店、高崎スズラン

TOKYO ART FAIR芳山堂ブース(東京国際フォーラム)、東京美術俱楽部東美アートフェア金澤美術ブース、常陽藝文センター、佐野現代工芸藤野屋、神田壺好、宇都宮ギャラリー萌、栃木ぎゃらりいぜん(満福寺客殿)、益子つかもと、笠間金澤美術ギャラリー曜燿、そごう・西武高輪会(グランドプリンスホテル高輪)、松山ひめぎんホール   などで開催

 

【作品収蔵】

 

東京国立近代美術館工芸館、アメリカニューオリンズ美術館、茨城県陶芸美術館、富山県樂翠亭美術館、

廣澤美術館、佐野東石美術館、静岡陶芸美術館、国際交流基金、日独協会カールスルーエ、石岡市、栃木市、芳賀町総合情報館、波佐見町陶芸の館  他

 

【パブリックアート】

 

茨城県石岡市庁舎 青磁陶壁 「常世の国の太陽」

東京 青山ダイハンビル 陶壁 「夢」